車検って一体何?車検の意味や料金の内訳について

車検って一体何?車検の意味や料金の内訳について

車検とは、具体的に何を意味しているのか

自動車業界において欠かせない「車検」とは、具体的に何を意味しているのでしょうか。

車検はそもそも、正式名称を「継続検査」と言います。国が定めている検査を受け、これをクリアすることで、次の期限が来るまで日本の公道を走ることが許可されます。万が一車の継続検査が切れてしまえば、その車で公道を走ることは許されません。

また車検では、その自動車が安全かどうかを検査するだけでなく、排気ガス規定をクリアしているかどうかもチェックされています。

車検の有効期限はどのくらいなのか

車検の有効期限については、車検証に期日が明記されています。現在の車検が満了する日までに、必ず車検を受けなければなりません。具体的な有効期限は、新車の場合で3年間、2回目以降の車検は2年間です。また小型貨物車の場合、2回目以降は1年ごとに車検を受けなければなりません。なお、車検は満了日の1ヶ月前から受けることが可能です。

車検料金の内訳について

車検の料金は、点検や検査に必要な車検基本料金と、税金等の法廷諸費用、そして整備費用の3つに大別できます。車検基本料金を具体的に見ると、法廷24ヵ月点検料や保安基準適合検査料、検査代行手数料などがあります。また法廷諸費用には、自動車重量税の他に自賠責保険料、印紙代が挙げられます。そして車検料金の合計額に差が出るのが、整備料金です。車の状態が良くて整備する部分が無ければ、結果として車検料金が抑えられます。しかし車が数多くのトラブルを抱えており、修理すべき部分が多ければ、それだけ整備費用が発生します。場合によっては、車検に出す前に悪い部分を治しておいた方がお得になるケースもあります。

広島の車検では、複数業者への見積り依頼が大変有効で、お得な業者をスムーズに見つけて車検の費用を抑えられます。

~~||~~Comments Are Closed~~||~~

@ 2018 Fast Star Airline