貸切バスについて知っておくべき注意事項、3点!

貸切バスについて知っておくべき注意事項、3点!

その1、まずはシートベルトを締めよう

知らない利用客に遠慮することなく思いっきり楽しめるのが、貸切バスの特徴です。

しかしそうは言っても、まずはシートベルトです。安全のためにしっかり締めておきましょう。加えて近年では、取り締まりが強化されています。ふつうの乗用車よりも、目のつけられやすい貸切バスです。料金所付近では特に気をつけましょう。

その2、レクリエーションは前もって伝えよう

ビンゴゲームやカラオケなど、貸切バスの鉄板ですよね。

しかしこれらは添乗員さん(あるいは運転手さん)がひとりの場合だと、走行中に触ってはいけないという決まりがあります。前もって伝えておくことで「次のSAまで我慢」なんてことにならないよう注意しましょう。またレクリエーションの最中にも、席を移動したり器物を破損したりすることがないよう、一定のモラルを保って楽しみましょう。

その3、時間厳守を心がけよう

貸切バスとは言え、バス会社は時間を決めて、運営しています。

ですので、いくら知らない利用客には迷惑がかからないとは言っても、やはり時間は守りましょう。それから止むを得ない場合は除き、走行途中でバスを止めたり、SAでの遅刻で待たせたりすることはないようにしましょう。ことの次第ではバスの中だけでなく、のちのちの周囲の人間からの評価ダウンにも繋がるかもしれません。

さいごに、本当に最低限のマナーを守ろう

これはもはや貸切バスの中の話だけではないですが、最低限のマナーを守りましょう。

具体的には放尿、喧嘩、運転手へ話しかける、酒に酔って吐くなどです。貸切バスとは言え、公共交通機関のマナー程度は守って、楽しみ尽くしましょう。

業者に見積もりを依頼するのが、送迎や旅行などで貸切バスのサービスを利用する場合のスタートラインです。

~~||~~Comments Are Closed~~||~~

@ 2018 Fast Star Airline