オリジナリティを出したい人必見!簡単なバイク塗装

オリジナリティを出したい人必見!簡単なバイク塗装

塗装をするなら下地が大切

バイクのカウルやタンクの塗装をすることによって、オリジナリティを出すことができます。ただ、専門家に依頼するとお金がかかるので、少しでも費用を抑えたいなら自分でやってしまうと良いでしょう。まず、下地を作らなければなりません。やり方は簡単で、基本的にはサンドペーパーと呼ばれるヤスリで表面を削っていきます。あえて傷をつけることによって表面積を増やして、塗装の食いつきを良くするのです。しかし、転倒したりどこかにぶつけたりした際には、深くえぐれてしまっている場合もあります。そんな時はパテと呼ばれる特殊な粘土のようなもので埋めておきます。乾燥したら、段差がなくなるまでまたサンドペーパーでこすってやれば良いです。

塗装する時のコツを頭に入れておく

プロが塗装する時には、スプレーガンという専用の機械を使います。業務用なども市販されているため、どうしても欲しいなら購入すれば良いですが、お金がかかるため自分で塗装するメリットが少なくなります。そのため、ホームセンターなどに置いている缶スプレーでやると安上がりです。きれいに塗装するコツとしては、一回で仕上げようとしないことです。その理由は、どうしても厚塗りになってしまうせいで、塗料が垂れる確率が高くなります。その上、ムラにもなりやすいため、塗装したところが凸凹になってしまいます。そこで一回目はできるだけ薄く塗装します。そして塗料が乾けばまた薄く吹き付けて、というのを四、五回繰り返します。最後にウレタンクリアという透明の塗料を使うと美しくなる確率が高いです。

バイクのカスタムとはメーカーが販売しているノーマルの状態から、自分の好みに改造を加えていくことです。ボディそのものを改造したり、部品を変えてみたり目に見えないところまで様々です。

~~||~~Comments Are Closed~~||~~

@ 2018 Fast Star Airline