車検にはどのようなタイプがあるかを知っておくことが大事

車検にはどのようなタイプがあるかを知っておくことが大事

ディーラーで車検を受ける場合

車検には様々なタイプがありますが、一般的にはディーラーで受ける人が多いです。ディーラー自体はその車を作った会社ですので、自分の持っている車のメーカーのディーラーに持っていけば確実に丁寧な点検をしてくれるでしょう。ほかの車検に比べると、若干費用は高くなりますが、的確なアドバイスをくれるのも特徴です。また、最新式のコンピューターが組み込まれている車は、町の自動車工場やメーカー以外の車検場に持って行っても、整備の仕方が分からない可能性もあります。そういったことを考えればディーラーにも持っていくのが確実です。ディーラーに任せる場合は、点検パックに加入することもできます。半年点検や1年点検を個別に申し込むよりも、点検パックに加入して一度に車検費用と点検整備費用を支払ったほうが安くなります。

安い料金で済ませたい場合

車検をできるだけ安い料金で済ませたい場合は、カー用品店やガソリンスタンドでも受けることができます。ディーラーのおよそ6割から7割ほどの金額で車検を受けることができます。なぜそれほど安いかといえば、整備をしないからです。車検は保安基準に適合しているかどうかの検査をしますが、細かい部品の整備点検などはしなくてもよいことになっています。そこで、整備は必要ないと考えている人であればガソリンスタンドやカー用品店などを利用してみるのがよいでしょう。また、陸運支局に持ち込むことで、法定費用以外一切を支払わなくて済みます。書類の用意などをしなければなりませんが、料金をとにかく安く済ませたいならば、陸運支局に車を持って行きましょう。

車検が切れたことを知っている状態で運転を行うと、一発で免停になってしまいます。もしも知らずに運転していたのであれば免停を免れますが、警察からは厳重な注意を受けるので、こまめに時期を確認しましょう。

~~||~~Comments Are Closed~~||~~

@ 2019 Fast Star Airline